2010年04月23日

向精神薬、生活保護者に入手させネット転売(読売新聞)

 神奈川県横須賀市の男ら2人が、大阪市西成区のあいりん地区に住む医療費のかからない生活保護受給者数十人に病気を装って医療機関から向精神薬を入手させ、安く買い取ってインターネットで転売していた疑いのあることが、捜査関係者への取材でわかった。

 神奈川県警は近く、麻薬及び向精神薬取締法違反(営利目的譲渡、所持)などの容疑で2人を立件する。生活保護制度を悪用した大がかりな薬物の違法ネット販売の実態が明るみに出るのは初めて。

 2人は、横須賀市の無職大沢広一被告(41)(覚せい剤取締法違反などで起訴)と、大阪市港区の無職栗山一郎容疑者(53)(同法違反容疑などで逮捕)。県警は、3年間で少なくとも200人に転売し、約2000万円稼いでいたとみている。

 捜査関係者によると、大沢被告は2009年11〜12月、不眠治療などの向精神薬約1000錠をインターネットで知り合った5人に約12万円で販売するなどした疑い。県警は週内にも横浜地検に追送検する方針。栗山容疑者は、大沢被告に向精神薬などを譲り渡した疑いが持たれている。

 栗山容疑者は暴力団関係者数人を介し、あいりん地区の生活保護受給者数十人と接触。数人のグループに分けて受診日を決め、「眠れない」「落ち着けない」と偽ったり、うつ病を装ったりして、医療機関から向精神薬を入手させていた。

 栗山容疑者は受給者から10錠200円ほどで向精神薬を買い取り、大沢被告に郵送。大沢被告はネットで800〜2500円で転売していた。

 生活保護受給者は福祉事務所発行の医療券を使うと、医療費は無料。大阪市によると、西成区の受給者は2万7000人で、08年度は生活保護費約540億円のうち半分近くは医療費で占められた。大沢被告は「ネットで向精神薬を買ったことがあり、もうかると思った」、栗山容疑者は「受給者を使えば簡単に薬が手に入った」と供述しているという。

 ◆向精神薬=脳の中枢神経に作用する薬物。主に不眠治療や精神安定に使われ、医師の処方せんがあれば薬局で購入できる。依存性がある上、善悪の判断能力が低下する恐れもあるため、麻薬及び向精神薬取締法で80種類を指定し、譲渡や販売目的の所持を禁じている。

駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑−東京高裁(時事通信)
田辺三菱製薬を業務停止=子会社の試験データ改ざん問題−厚労省(時事通信)
所管全法人の会計を検査=千葉法相(時事通信)
<山崎宇宙飛行士>シャトル、1周延期で着陸目指す(毎日新聞)
水俣病救済方針を閣議決定(産経新聞)
posted by ハシグチ カズミ at 03:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

仙谷氏への批判、閣僚から相次ぐ=衆参同日選発言(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相が夏の衆参同日選の可能性に言及したことについて、20日午前の閣議後の記者会見で各閣僚から批判が相次いだ。
 枝野幸男行政刷新担当相は「(鳩山由紀夫首相退陣という)仮定が成就しないように今、一生懸命にやるのが閣僚としての立場。仮定が成り立った以降のことを考えたり、話したりしない方がいい」と指摘。前原誠司国土交通相も「首相から任命された閣僚が軽々に、そういった発言をするのはいかがなものか」と疑問を呈した。
 中井洽国家公安委員長は「与党慣れしていない。閣僚が首相の進退とか(衆院)解散に触れることは全くタブーだということが染み込んでいない」と断じ、赤松広隆農林水産相は「選挙を知らない人が言うことだ。ダブル選挙の可能性は1%もない」と語った。
 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は「内閣の求心力をきちんと高めて、国民から負託された政治を全力でやるべきだ」と、閣僚の結束を訴えた。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

【ゆうゆうLife】施設ヘルパーの「たん吸引」容認(産経新聞)
ものつくり大の学生が振り込め詐欺疑似体験ソフトを試作(産経新聞)
拉致逮捕状撤回求めず=よど号メンバー「解決に協力」−訪朝支援者に表明(時事通信)
もんじゅ運転再開可否を近く判断(産経新聞)
橋下知事「阪神高速料金改定に同意しない」(読売新聞)
posted by ハシグチ カズミ at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

堺の虐待死、母親の内縁の夫逮捕…日常的虐待も(読売新聞)

 14日早朝、病院搬送後に死亡が確認された堺市堺区の岩本隆雅(りゅうが)ちゃん(1歳6か月)の腹部を押さえ付けるなどしてけがを負わせたとして、大阪府警捜査1課は15日、母親(21)の内縁の夫の無職・古田島昂志容疑者(23)を傷害容疑で逮捕した。

 「泣きやまないことに腹が立った」と容疑を認め、「これまでにも何度も暴力をふるった」と日常的に虐待していたことも認めているという。

 発表によると、古田島容疑者は、13日午後6時から14日午前5時の間、隆雅ちゃんらと同居していたマンションの一室で、隆雅ちゃんの腹部を両手で力を込めて押さえ付けるなどして内臓を傷つけ、腹部内に出血させるなどさせた疑い。

 当時、母親は仕事で外出中で、古田島容疑者は「食べ物や風邪薬を与えると吐き出し、あやしたが泣きやまなず、腹が立った。両手で3、4回、体重をかけて腹部を押さえた。死んでしまうと思ったが止められなかった」と供述している。

家族3人殺害、夫を再逮捕=妻と義母、ハンマーで殴打か−宮崎県警(時事通信)
<石原都知事>新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)
調査捕鯨母船が帰港=南極海で妨害受ける(時事通信)
普天間「5月決着」絶望的、実務協議断念へ(読売新聞)
拳銃使用適正?男性死亡事件、警官2人を審判に(読売新聞)
posted by ハシグチ カズミ at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。