2010年02月26日

視界ゼロでも離着陸可能に=羽田の装置を優先整備へ−前原国交相(時事通信)

 羽田空港で濃霧により多数の欠航が出た問題で、前原誠司国土交通相は26日の閣議後会見で、同空港に高性能の着陸支援装置「カテゴリー(CAT)III」を整備する意向を示した。
 CATIIIは、旅客機などについて一定の条件が整えば、接地するまでの視界がゼロでも着陸が可能となる支援装置。高額のため、現状では青森空港や北海道・釧路空港など、濃霧が頻繁に発生し、空港運営に大きな支障が出る8カ所にしか整備されていない。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
特集・エールフランス機墜落
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜

東京・八王子で震度3(時事通信)
「外国人参政権判決は金科玉条ではない」園部元判事の証言要旨(産経新聞)
「夢の原子炉」運転再開へ なぜ遅れたのか(産経新聞)
女性医師が出産後も働ける環境を―福島少子化担当相(医療介護CBニュース)
「押尾被告が入手依頼」=知人男、麻薬譲渡認める−東京地裁(時事通信)
posted by ハシグチ カズミ at 14:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。